Smart science to improve lives™

財務以外のパフォーマンスと各種レポート

当社は財務以外の評価基準を財務上の評価基準と同じく重要視しています。クローダ執行委員会は四半期ごとに財務以外の重要業績評価指標を審査し、取締役会は1年間の過程について全面審査を行って当社のコミットメントに対する進捗を評価します。

報告

当社は持続可能性に情熱を傾けています。当社の継続するコミットメントを示すため、毎年財務外データ実績サマリーに沿って「持続可能性に関する報告書」および「年次報告書」を発行しています。また「GRI(Global Reporting Initiative)レポート」とTCFD(気候変動関連財務情報開示タスクフォース)に基づく開示も行っています。2021年の報告についてはSASB(持続可能性会計基準機構)のプロセス安全測定基準に一致させているほか、2022年についてはSASBでの報告へ移行する予定です。

「持続可能性に関する報告書」は、当社による持続可能性の道程とそれが当社のビジネスやお客様、さらにはより広範な世界へ与える影響を文書化するものです。「Climate, Land and People Positive(気候・土地・人に対しプラスの影響を与える)」ようになること、そして革新的成分の最も持続可能なサプライヤーになるという念願に向けた当社の進捗を説明します。

また財務外データ実績サマリーは2030年の目標や中間目標に向けた当社の進捗を追跡する数値データを示すものです。

さらに基準化された情報開示の要求に対して「GRI(Global Reporting Initiative)レポート」も作成しています。これは気候変動や人権、ガバナンス、社会福祉といった重要課題について報告しています。

風景パンフレット モックアップ 02

サステナビリティ レポート

グローバルな課題への対応と、より大きなインパクトの実現に向けた私たちの進捗状況についてお読みください。

もっと見る

 
作物を分析する持続可能な科学者

評価と枠組み

当社の評価と枠組みがどのように持続可能性プログラムを特定しやすくしているかをご確認いただけます。

研究室の試験管

方針と手順

多岐にわたる方針でビジネスのあらゆる面をカバーする当社が最優先で取り組むのは、社会に責任を持つビジネス慣行という原則を守ること、そして社員やお客様、サプライヤー、ステークホルダー、コミュニティなど、当社の活動が影響を及ぼす全ての方々の利益を尊重することです。このセクションでは、カギとなる社員の権利とそれを規定する方針を網羅する文書をダウンロードすることができます。詳しい情報をお求めの方やご質問がある方は、当社人事部へご連絡ください。

キャスター

持続可能性目標

2018年、執行委員会は英ケンブリッジ大学サステナビリティ・リーダーシップ研究所(CISL)と協力し、国連が定める持続可能な開発目標(SDGs)に沿った2030年に向けた持続可能性戦略を策定しました。

責任あるビジネス

受賞・認証

持続可能性に対する当社の取り組みについて、数多くの側面が外部で認められているほか、当社も事業活動の主要分野で積極的に認証取得に向けて努力しています。

雲と森

クローダのコミットメント

クローダのコミットメントは、2030年までに気候、土地、人々にポジティブであることです。

クローダの企業倫理

責任ある倫理的な行動は、クローダの事業活動の基本です。私たちのパーパス(存在目的)を通じて、環境と社会にポジティブな変化をもたらすことを目指しています。