Smart science to improve lives™
キャスター

持続可能性目標

2018年、執行委員会は英ケンブリッジ大学サステナビリティ・リーダーシップ研究所(CISL)と協力し、国連が定める持続可能な開発目標(SDGs)に沿った2030年に向けた持続可能性戦略を策定しました。

当社は「Climate, Land and People Positive(気候・土地・人に対しプラスの影響を与える)」に対する「コミットメント」の一端として、国連が定めるSDGsと繋がるターゲットを策定しています。このような高い目標は、当社の現在および未来の持続可能性プログラムを推進するものとなっています。

持続可能性の目標とターゲット

2030年までの「Climate Positive(気候に対しプラスの影響を与える)」

Climate Positive(気候に対しプラスの影響を与える) レポート 2022

パフォーマンス表 2022

目標 ターゲット マイルストーン 2021年の進捗

排出削減:

当社は事業活動における再生可能エネルギーの使用を最大化し、世界の気温上昇を産業革命前より1.5℃に抑えるという水準に沿って当社の排出量を削減することで、「科学的根拠に基づく目標(SBTs)」を達成してまいります。

SDGs: 7.2, 9.4.13.2

2030年までに地球温暖化を1.5℃に抑えるという水準に沿って、当社はSBTsを達成します。

その後は2050年までにネットゼロ企業になります。

2024年末までにスコープ1および2の2018年の絶対排出量を25%削減します。

クローダの全拠点において、2022年末までに脱炭素化のロードマップを策定します。

当社はビジネスの成長を環境負荷から切り離しており、2018年以来生産量は5.8%増にもかかわらず、スコープ1および2の絶対排出量は13.4%削減しました。

非製造拠点は地域の推進者らによる支援を得て、ロードマップの策定に取り組み、25%完了しています。

カーボンカバー:

当社は低炭素経済への移行を可能にしていきます。お客様と密接に協力して使用すると炭素削減メリットが得られる製品を開発し、「Climate Positive(気候にプラス)」となります。

SDGs: 7.2, 7.3, 23.2

2030年までに当社製品の使用することで当社ビジネスに絡む炭素排出量の4倍のCO2の排出を回避します―当社の炭素排出のカバー比は4:1となります。

2024年末までに、当社製品の使用することで実現されるCO2排出節減量を200万トンにします。

2024年末までに、下流側のスコープ3における影響について当社の製品ポートフォリオを100%評価します。

証明済みケーススタディに付随する成分の利用により、917,000トンのCO2eを回避し、炭素排出のカバー率は0.8:1となりました。

持続可能なイノベーション:

当社は化石・石油化学原料から脱却し、バイオベースの製品への移行を加速させます。

SDGs: 12.2

2030年までに、当社が使用する有機原材料の重量の75%以上をバイオベースとし、それらが成長する中で大気からの炭素を吸収するようにします。 当社が使用する有機原材料の71%(3年間の平均)を2024年末までにバイオベースにします。

 バイオベースの有機原材料の当社使用量は67%から69%と2パーセンテージポイント増加しました。

多領域ワーキンググループがバイオベースの代替品に交換可能な現在の石油科学系原材料を全て特定しました。


もっと見る

科学研究

英国(イギリス)政府がCrodaの脂質系製造施設拡大を支援

2022年3月31日:スマートサイエンスを駆使し、生活を向上させる高機能原料とソリューションを提供するCroda International Plc(以下「Croda」又は「当社」)は、スタッフォードシャー、リークの製造施設を拡張するため、英国政府から1,590万ポンドの補助金を受けたことを発表します。

続きを読む

米国(アメリカ)政府は脂質系におけるCrodaの能力拡大を支援

スマートサイエンスを駆使し、生活を向上させる高機能原料と技術を提供するCroda International Plc(以下「Croda」又は「当社」)は、米国政府と協力協定を締結し、mRNAワクチンなど新規治療薬に使用する脂質系の原料を米国工場で製造する能力を拡大するために、米国政府から最大7,500万ドルの提供を受けたことを発表します。

続きを読む