Smart science to improve lives™
People

社会の保護と生活の向上

お客様活動を通して社会の健康と福祉を向上させるソリューションを開発し、当社ビジネスの多様性を促進、コミュニティに社会的インパクトをもたらします。

クローダの存在意義「目的(Purpose)」であるSmart science to improve lives™を実践し、社員から社外のステークホルダーやコミュニティに至るまで個人を信頼し、ダイバーシティとインクルージョンを推進し、2050年までに90億人以上の人々がプラネタリー・バウンダリー内で豊かに暮らせる世界に貢献します。(WBCSDのビジョン2050:大変革の時)。

新しいバイオテクノロジーから日焼け止めに至るまで、当社のバリューチェーンやエコシステムにおける有意義なインパクトプロジェクトからクローダ財団(Croda Foundation)に至るまで相互に依存しており、それらが協力して革新を起こす能力は大規模なインパクトを実現するための重要な成功要素となります。

SDG 3.3, SDG 3.4, SDG 5.5, SDG 17

「People Positive(人に対しプラスの影響を与える)」になることで、クローダは国連が定める以下のSDGターゲットに向けて直接貢献してまいります。

SDGsに前向きな人々

People Positive: 2030年の世界

進捗

ジェンダーバランスとダイバーシティ&インクルージョン

クローダは2030年までにリーダーシップチーム全体においてジェンダーバランスを達成するという目標に対し、継続して進捗を測定しています。

嬉しいことにリーダーシップの地位にある女性の数が2019年の基準値から5.7%増加し、現在はリーダーシップの役割のうち38.2%を女性が占めています。2023年1月1日付けで新たに女性CFOの Louisa Burdettが任命されたことで、2023年における取締役会は女性の代表が55%に、執行委員会では33%となっています。2022年には、女性のプロセスオペレーター数が48%純増し(PTICの処分に伴う辞職者を除く)、また権威ある上席リーダーシップ・プログラムへの参加は、男女のバランスが取れており、2030年の目標達成を後押しする上で重要なステップとなりました。クローダは引き続きバランスのとれた候補者リストを監視し、2023年にはこのデータ収集を自動化して、問題が生じた場合に特定できるようにする予定です。

ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)への広がり

クローダは2021年に発表したD&Iロードマップに基づいて取り組みを進め、確実により多様でインクルーシブな組織になるために多様性のデータ収集、D&Iの意識向上、クローダのD&Iブランドの策定、各種KPIの測定や設定、および報酬や報償へのすり合わせといった主要分野での対策を特定しました。

「グローバル多様性代表調査(Global Diversity Representation Survey)」に続き、対象となった問題に取り組むため各地域専用の目標を設定しました。例えば南アジアでは3つのサブグループを設置し、コミュニケーションや意識の問題に取り組み、D&I文化を育み、また採用活動を見直しました。クローダ全体でD&Iの意識を構築する自社プログラムには、この分野のオピニオンリーダーによるマスタークラスの開催があります。これにはアジアに焦点を当ててシニアリーダーに行われた「文化認識(Cultural Awareness)」に関する一連の会合なども含まれています。各地域のチームも新たにD&Iの小委員会や所属グループを設置して、グローバルD&I委員会を補完しています。これらは各地域の経営陣に様々なテーマで助言を行い、当社社員のエクスペリエンスにおける真の変革実現を後押しする手段として役立っています。

もっと見る

山

Crodaは持続可能な開発のための経済人会議(WBCSD)に参画

スマートサイエンスを駆使し、生活を向上させる高機能原料とソリューションを提供するCroda International Plcは本日、持続可能な開発のための経済人会議(WBCSD)の最新メンバーとして、持続可能な開発に取り組む世界のトップ企業200社に参画しました。

米国(アメリカ)政府は脂質系におけるCrodaの能力拡大を支援

スマートサイエンスを駆使し、生活を向上させる高機能原料と技術を提供するCroda International Plc(以下「Croda」又は「当社」)は、米国政府と協力協定を締結し、mRNAワクチンなど新規治療薬に使用する脂質系の原料を米国工場で製造する能力を拡大するために、米国政府から最大7,500万ドルの提供を受けたことを発表します。