Smart science to improve lives™
変化する環境

低炭素な未来へ向けて加速する

より大きなインパクトをもたらす

当社はそのサプライチェーンにわたり、検証を受けた「科学的根拠に基づく目標」(SBT)に沿って排出量を削減し、使用炭素量の節減によるメリットをもたらすべく取り組んでいます。

持続可能な原料に対する消費者の需要が高まっている事から、当社のお客様が炭素を含む環境フットプリントについて透明性と実証済みで裏付けられた主張ができる製品を提供する能力を求めています。代替えエネルギーへの転換や技術転換を通じた脱炭素化ロードマップの実現と、化石原料からバイオ原料への転換を進める事で、当社は製品レベルでの定量的な炭素削減を実証し、消費者の期待に応える事ができるのです。排出削減を含め、使うことでメリットをもたらす製品を開発する事は、お客様や消費者がより持続可能な暮らしを送り、二酸化炭素排出量を削減する事にもつながります。

以下の国連の持続可能な開発目標(SDGs)に直接貢献します:

SDG 7.2, SDG 7.3, SDG 9.4, SDG 12.2, SDG 13.2, SDG 17

気候に関するSDGs
当社のスコープ1、2および3の排出量は外部の検証を受けており、2021年には外部検証で最高レベルである妥当性検証をうけました。
 

Climate Positive: 2030年の世界

キャスター

持続可能性目標

2018年、執行委員会は英ケンブリッジ大学サステナビリティ・リーダーシップ研究所(CISL)と協力し、国連が定める持続可能な開発目標(SDGs)に沿った2030年に向けた持続可能性戦略を策定しました。

Croda 2022年 スコープ1、2、3 検定報告書

2021年 サステナビリティ・レポート

強化された種子の発芽

外部認証された排出回避量

この新製品による排出量の節減は、当社のコミットメントを支えるイノベーションチームの新たな活動方法の一端である持続可能性アセスメントの中で明らかになりました。

当社の進捗

カーボンカバー

2022年末における当社のカーボンカバー率は0.66:1でした―これは当社のスコープ1、2および上流のスコープ3での排出量に対して当社の原料を使用することによる削減貢献度の割合です。この目標はPTICの各事業を売却したことによる影響を受けています。当社の戦略のいくつかがこの計画の一部にあったためです。しかしながら、当社の意図はその水準を変えておりません。昨年はホームケアの新製品、CroBiotic 100をはじめ、3件の新たなケーススタディに対して検証を受けました。

下流側の温室効果ガス(GHG)排出量

当社のカーボンカバー目標は、下流側での削減に貢献しようというお客様をサポートする事を目指しています。削減貢献度の概念は、GHGプロトコルにより「製品のライフサイクルやバリューチェーン外側で、その製品を使用する結果として発生する排出削減」として定義され、しばしばスコープ4と呼ばれます。排出量削減はネットゼロへの移行に関する重要な部分となります。

当社原料の使用により下流側のスコープ3の排出量と、どうすればさらなる削減が可能かを既存の排出削減のケーススタディを超えて検討を始めました。下流側スコープ3の3つのカテゴリーにおける排出量をよりよく理解して定量化する上で、当社は現在のベースラインから双方共通する下流側スコープ3の排出量を削減する革新的方法を特定するためにお客様と協力してまいります。

例として、以下のような手段によります:

  • 使用するエネルギー消費量を削減するために消費者への啓蒙と取り組み
  • 代替できる当社原料を供給し、お客様の製造に伴う排出量を削減
  • 要求を満たす新製品の開発で、使用段階での排出量を削減

使用した製品のライフサイクル終了に伴う排出量を測定することで、当社はバイオベースの原料への移行によるメリットを定量化でき、またお客様もそうしたメリットを具現化することができるため、大気中へのさらなる化石燃料の放出が避けられます。この分野における当社の検討は開発を続けており、2023年初めに発表予定の削減貢献度に関するWBCSD(持続可能な発展のための世界経済人会議)のガイダンスに一致することを目指します。

もっと見る

アルティモピュアテクノロジー

アルティモピュア登場

クローダジャパンは、2022年7月1日よりコア技術である油脂精製技術を化粧品技術向けに、新名称アルティモピュア(UltimoPure™)テクノロジーとして一新します。

続きを読む

米国(アメリカ)政府は脂質系におけるCrodaの能力拡大を支援

スマートサイエンスを駆使し、生活を向上させる高機能原料と技術を提供するCroda International Plc(以下「Croda」又は「当社」)は、米国政府と協力協定を締結し、mRNAワクチンなど新規治療薬に使用する脂質系の原料を米国工場で製造する能力を拡大するために、米国政府から最大7,500万ドルの提供を受けたことを発表します。

続きを読む